キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 京大生協カンフォーラ

京大生協カンフォーラ
京都大学は、京都の碁盤の目の東北角に近い百万遍に広大なキャンパスを持つ、西日本の知の拠点。日本で2番目に創設された帝国大学の流れを汲む国立大学で、「自由な学風」を建学の精神に掲げ、ノーベル賞受賞者数が日本最多の大学でもあります。
「自由な学風」は研究方面だけでなく、西部講堂に代表されるような文化的発信拠点としての役割も発揮してきました。音楽、映画、演劇、文学、ミステリー。様々な分野で活躍する京大OBには、意識的無意識的にかかわらずこの建学の精神が影響を与えているように感じます。
その京都大学の正門を入って西側、以前は車庫として使用されていた空間が、2003年におしゃれなカフェレストラン「カンフォーラ」に生まれ変わりました。このカンフォーラの新名物が第24代総長尾池和夫氏が、自らプロデュースしたビーフカレー「総長カレー」です。もちろん味も折り紙つき。決して話題性先行のメニューではありません。
さらにカンフォーラでは、早大と共同開発した、紀元前8000年ごろ以降、古代エジプトで栽培されるようになった「エンマー小麦」を現代によみがえらせ、麦芽とともに京都の名水・伏水で仕込んだビール「WHITE NILE」と、デュラム小麦をと麦芽を主原料に「ゆず」と「コリアンダー」を副原料として醸造した発泡酒「BLUE NILE」もお飲みいただけます。
早稲田大学のエジプト考古学と京都大学の植物遺伝学。二つの知の出会いで蘇った古代エジプト文明の知恵と共に、「自由」な精神の生み出したカレーを味わってみてはいかがでしょうか。

京大生協カンフォーラ

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示