キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 笹屋吉清

笹屋吉清
昭和21年より洛北に店を構える「笹屋吉清」は、近くにある円通寺の古くからのごひいき。店内に入り目を引くのは、その昔、お菓子を寺へ献上するときに使用されていた大きな器。貝をちりばめた装飾が美しく、今も店内に華やぎを与えます。
こちらの看板商品は「松籟(しょうらい)」という名の焼き菓子。味噌と大徳寺納豆を使った京菓子といえば、「松風」がポピュラーですが、こちらはふんわりと焼き上げたカステラ風。軟らかな食感は、この「松籟」でのみ味わえる「笹屋吉清」オリジナルです。
どの商品もあとに引かない控えめな甘さが魅力。「あっさり味」だからこそ「もう一つ...」と、つい何度も手を伸ばしたくなるのです。その秘密は砂糖。粒が粗めの「Fザラ」という種類で、しつこくない甘さが特長のとても上質なものなのだそう。コストを抑えざるを得ず、高級な素材は使用できない大量生産品とは違い、「少しずつ手作り」というこのお店の特権を活かしています。
職人さんはご主人たった一人ですが、焼き菓子、生菓子ともに幅広く手がけます。普段は店頭に並んでいない商品でも、地元の常連さんから注文があれば特別に作ることも。そのほか、ワインを使って現代風にアレンジした新作を考案したり、一般の方に和菓子教室を開いたりと、日々、和菓子をより身近に感じてもらえるよう努める姿に脱帽です。