キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 舞妓の茶本舗

舞妓の茶本舗
京都府南部に位置する京田辺市は、全国茶品評会では産地賞を受賞するなど日本でも有数の玉露の産地。
その京田辺市にある舞妓の茶本舗は、昭和45年に茶製造卸・普賢寺製茶場玉露研究部の山下寿一氏が全国茶品評会・農林水産大臣賞受賞がきっかけで、卸業と同時に、「本当に良いお茶を皆様にお届けしたい」と小売をスタートさせたお店。
玉露の製法は本来、「企業秘密」と言われていますが、日本各地の茶どころで山下氏自らが普及にあたるなど、日本の玉露づくりにおいて積極的な活動も行い、国内でのお茶摘み体験や、海外でもお茶の淹れ方教室などを開催にも力を入れています。
また一方で普段いただくほうじ茶・玄米茶や、海のミネラルと茶葉をブレンドした新しいタイプの、「しあわせ茶」、お茶受けにあう和菓子・洋菓子の提案など、伝統と独自のスタイルが融合した、「本当に良いお茶を届けたい」という想いが一つ一つの商品に込められています。
舞妓の茶本舗