キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 染のあらたに

染のあらたに
元禄年間から受け継がれる京友禅の世界で、手描友禅(てがきゆうぜん)の技法のひとつ、「濡れ描き友禅」を駆使しオリジナルのアイテムを発信しているのが、京都市北区大宮にある、「染のあらたに」。18才で染色作家・斉藤才三郎氏に師事。以来40年余の間、ぬれ描き友禅作家として活動してきた、碧三(はくさん)氏が手掛けるそれらの作品は、「碧(あお)」のブランド名で発信されています。
店内には彩り豊かなTシャツや小物が数多く並びますが、これらは全て一枚一枚、「手」で描かれたもの。生地を濡らしながら一筆で描いていく、「濡れ描き」ならではの、色の濃淡が落ちついた雰囲気を醸しだします。
また同じデザインのアイテムを並べてみると、ごく微妙な違いがあることもありますが、これも一枚一枚手描きであるがゆえ。碧三氏の中から湧き上がる、その時々の感情とともに、「お客様の笑顔を作る為に、又、まだ顔も知らないその方の笑顔を作る為」との思いが一筆ごとに込められます。
オーダーから少しお時間を頂く場合もございますが、「ほんまものの職人技」が詰め込まれた大人のファッションをぜひご堪能ください。
染のあらたに

23 件中 1-23 件表示 









23 件中 1-23 件表示