キーワード
価格
円〜
"; ?>

京都生活 > 京都逸品店舗 > 京昆布匠 かじの

京昆布匠 かじの
中京区寺町通り丸太町。京都御所にほど近いこの場所で、昆布や佃煮を販売しているのが、「京昆布匠 かじの」。創業当時より、平安時代に宮中へ仕えていた、『大宮人』(おおみやびと)に好まれた、京都らしい“はんなり”とした味を研鑽し続けています。
商品に使用するのは、厳選された材料ばかり。
中でも、古くから不老長寿の食べ物といわれてきた昆布は、“自然からの贈り物”として非常に大切にされた産物のひとつで、その品質は、種類だけでなく、天候・海の状況・生産地の環境・収穫時期など、たくさんの条件に左右されます。そのため、味のバランスに違いが出ることも。いつでもお客様に納得して食べていただく味に仕上げるために、職人たちの技が光ります。
心地よいやわらかな歯ざわり、そのあと口の中に広がる昆布のうまみ。時代を超えて愛されるその味は、自然の幸を綾なす「味の御所」と称されます。種類も豊富なので、日々の食卓で、お酒のおつまみとして、その日の気分に合わせ、さまざまな味を楽しんでいただけます。手土産や贈り物にもどうぞ。
時を経てより深く、時を越えさらに新しく進化していく、「京昆布匠 かじの」の味を、ぜひ一度ご賞味ください。
京昆布匠 かじの