キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 絞裏庵

絞裏庵
約1400年の歴史を持つ、「京鹿の子絞り」。世界各地にある絞り染めの中でも、「京鹿の子絞り」は独自の道を歩んできました。「京鹿の子絞り」は別名、「染め分け」とも呼ばれ、染色する部分と無地の部分をきっちりと染め分けて、自然なデザインが損なわれないように加工します。この染色加工技術こそ、「京鹿の子絞り」が絞り染めの最高峰と呼ばれる由縁でもあります。
絞裏庵(しぼりあん)は、この技法の発祥地とされる京都・壬生に生まれ、『絞り染色』と『絞り加工』の両方を修行した数少ない職人・工芸家の富山英樹が立ち上げた工房。彼が製作・デザイン、そしてプロデュースまでも手がけた作品は、大人が持つにふさわしい洗練されたアイテムに仕上がります。
特に伝統的な染色加工技術と、『皮革の絞り染め』や『立体加工皮革』などの特許取得技術を併せた製品は、「真の伝統と革新」を掲げ、現代のライフスタイルに合わせたアイテムを発信し続けています。
絞裏庵