キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 有喜屋

有喜屋
京都の手打そばの草分けとして知られる「有喜屋」。三代目店主の三嶋吉晴氏は、まだ「温かいそば」が主流であった当時の京都において、キリッとのどごし良く香り高い本格の手打そばの美味しさを広めるべく奮闘した「京の手打ちの第一人者」です。  ご自身の店、「有喜屋」で腕をふるうだけでなく、プロ、アマ問わずに門戸を開いた「有喜蕎心流そば打ち塾」の塾長として、そば打ち文化の普及や後進の育成に尽力。その技術と功績が高く評価され、2007年に全技連マイスター(卓越した技術を持つ指導者)にそば職人として初めて認定されたのを皮切りに、2011年には国の「現代の名工」、また2013年春には、やはりそば職人として初の黄綬褒章受章と、数々の栄誉に輝く、名実ともにそなわる業界のホープ。そんな三嶋氏の心意気あふれる手打そばと蕎麦料理を味わおうと、先斗町本店はじめ8つの店舗には、多くのそば好きが足繁く通います。
 その名店「有喜屋」の味を、ご家庭で楽しめる「京のざるそば」、「京のにしんそば」は、味を知る人への贈り物としても大人気。友禅風の化粧箱も雅びな、京のおそばです。そば粉はこだわりの京都産。日持ちを考え、手打ちではなく「乾麺」のスタイルですが、有喜屋のそばらしいのどごしの心地よさが再現されるよう、工夫が凝らされています。ひときわの旨味が自慢の「だし」とのセットで、京都ならではのそばの魅力をご堪能ください 。