キーワード
価格
円〜

京都生活 > 京都逸品店舗 > 白竹堂

白竹堂
夏扇子や飾り扇子、祝儀扇など、様々な役割を持つ扇子は、古来、便利な道具として重宝されてきました。
扇子の開いた形が「末広」であることから、未来に向けての繁栄を表すと言われ、縁起が良いものとしても知られています。
また、近年はファッションアイテムとして若い人にも人気があり、節電対策のエコグッズやビジネシーンでのクールビズとしても活用されています。
京都市の中心部、麩屋町六角上ルに店を構える白竹堂は、1718年(享保三年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の時代に「金屋孫兵衛」の屋号で西本願寺前に寺院用扇子の店を開業したのが始まりです。
明治以降は、一般用、贈答用の京扇子を製造販売するようになり、近代日本画壇の巨匠・富岡鉄斎氏より、「白竹堂」の屋号を贈られました。
創業約300年を迎える今でも、職人による伝統的な技を受け継ぎながら、「センスのいい、贈り物」をキャッチフレーズに、時代のニーズに合った新たな発想の扇子を生み出し、国内外から人気を集めています。
白竹堂

34 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ










34 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ