キーワード
価格
円〜

京都生活 > 特集ページ > 新店舗お目見え

新店舗お目見え


陶器

京焼窯元 晋六窯

晋六窯は、現代表の祖父・辻晋六氏が1932(昭和7)年に京都市山科区に築窯したのが始まりで、現在は左京区岩倉で製造・販売に加え陶芸教室も開いています。
スカーフ

Ballett

京都市山科区に事業所を構えるマルナカ商事は、1984(昭和59)年の創業以来、 傘やアウター用の生地を中心に国内でのモノづくり、新商品の開発に取り組んでいます。
シルク織物

SANJIKU 京くみひも(近江屋)

京都に1000年以上前に誕生したといわれる「京くみひも」。糸を交互に交差させて組みながら紐に仕上げていくというもので、寺社の装飾や天皇家などの装身具に使われていました。 40年程前、日本の組紐と同じく組んで織りあげるイタリアのトーションレースを織る機械を見た、ある帯職人が、この機械をヒントに「組み織りの技術を応用して帯を作りたい」と思いました。その時できた織機で帯を作り始めたのが、三軸組織(さんじくくみおり=SANJIKU)のはじまりです。
そば茶製品

隆兵そば

京都市西京区の桂離宮のほど近く、閑静な住宅街の一角にたたずむ「隆兵そば」。敷地内に湧く良質な井戸水を使い、手打ちそばと川魚や野菜をコース料理仕立てにして提供しています。
数珠

神戸珠数店

材質・房の形状・玉の数やサイズなど、宗派ごとにそれぞれ形式が異なる念珠を正確に作り出す技はもちろんのこと、「京焼・清水焼の京念珠」といった京都でしか作ることができない、オリジナル性も追求しています。