京都生活

送料 880円(税込)
※クール便 1,100円(税込)
※北海道・沖縄は別料金
一配送先につき33,000円(税込)以上送料無料

女将のいっぴんはんどす。
よろしゅうおたの申します。

キーワード
価格
円〜

京都生活 > 特集ページ > 周年店舗特集

周年店舗特集

京都
三恵堂さんけいどう

京都三恵堂の代表は、祗園祭最大の神事である八坂神社の神輿渡御の役員として努めて数十年。その経験から「神様や仏様、ご先祖様に手を合わせることの尊さを一人でも多くの方に知ってもらいたい」と、そんな思いを込めて天経香を作りました。 お店ページへ ⟩

KBS京都ケービーエスきょうと

京都の放送局『KBS京都』。開局当初のスピリッツは時代の流れはあるものの、現在も脈々と受け継がれています。新しいことや斬新なアイデアを大切にしながら、『京都』を味わっていただくために。KBS京都がお届けするアイテムを是非ご活用ください。 お店ページへ ⟩

京焼窯元
晋六窯しんろくがま

晋六窯は、現代表の祖父・辻晋六氏が1932(昭和7)年に京都市山科区に築窯したのが始まりで、現在は左京区岩倉で製造・販売に加え陶芸教室も開いています。「民芸」の大らかさと素朴さ、そして京焼の優雅さを併せ持った陶器の製作を心がけ、一つ一つ手作業で、その時代時代に受け継がれていく器を制作。 お店ページへ ⟩

きぬもよふ
(丹後織物工業組合)

「丹後ちりめん」の普及・商品開発などの様々な活動を行う、丹後織物工業組合では、ちりめん生地に使用する、「絹(シルク)」の成分である“絹セリシン”に注目。メディアでも度々取り上げられ、いまや全国にファンを持つ人気シリーズに。天然たんぱく繊維 である“絹”からのめぐみを、家族全員で実感してください。 お店ページへ ⟩

横山竹材店よこやまたけざいてん

京都御所のすぐそば。烏丸通から下長者町通を西へ向かって歩いていくと、油小路通の角に立て掛けられた数メートルの見事な竹が目に入ってきます。ここが大正8年創業の銘竹問屋・横山竹材店が運営するショップ、「TAKENOKO」です。家の外回りや部屋のアクセントにも使える『すだれ』など伝統的なもの。また、小物や照明器具などの暮らしを豊かにするもの。竹のシャープな直線と曲線が調和した様々なアイテムを提案し続けています。お店ページへ ⟩

宮井みやい

宮井株式会社は、室町通の蛸薬師通と六角通の間にあります。 一階にある「ふろしき専門店唐草屋」では、唐草模様をポップにアレンジした風呂敷やハンカチとしても使用できる刺し子の小風呂敷などが販売されています。デザインも現代風にアレンジされており、洋服とも合わせやすいので、気軽に日常生活に取り入れてみてください。お店ページへ ⟩

手摺木版
芸艸堂うんそうどう

現在、日本で唯一の手摺木版の和装本を作っている出版社「芸艸堂」。古来より書物に挟むと虫がつかないとされてきた「芸艸(かおりぐさ)」を名にすると縁起が良いと、かの文人画家・富岡鉄斎によって「芸艸堂」と名付けられ、木版による美術出版社として明治24(1891)年に創業しました。芸艸堂で作られる木版画は、「レプリカ」という類ではなく、完全に一個の作品であり、文化とも言うべきもの。実際に目にしてみれば、その完成度に深く感動させられます。お店ページへ ⟩

かざりやりょう

御池通から一本北に上った押小路通に建つ京町家。根付やストラップといったカジュアルなものから、帯留、かんざし、ブローチなど身につけるもの、栞、菓子切など、思わず手にしたくなるものばかり。若い職人たちの感性で作られた銀製の作品が中心に並べられています。作り手と話ができるのもこうしたお店を訪ねる楽しみの一つです。お店ページへ ⟩

竹中木版
竹笹堂たけざさどう

手で彫り、手で摺る。手で触れる。手摺り木版の技術を伝承する竹中木版の五代目竹中健司さんが立ち上げた工房兼ショップが「竹笹堂」。料亭や老舗和菓子店の掛け紙などを作成してきた熟練の技術が、初見のお客様と出会う場です。彫師と摺師、そして私。関わる人の手が重なり産み出される感触は、色を重ねる版画のように、温かみを感じさせます。お店ページへ ⟩

キンシ正宗

中京区堺町通二条上ル亀屋町。ここはかつて、キンシ正宗の酒を育んできた酒蔵。 ここで京の地麦酒は誕生します。 先人が大切に守ってきた伝統的建築物としての酒蔵の姿を変えることなく、地麦酒作りのための設備を導入。 長年培ってきた酒造技術と職人たちの磨き抜かれた舌で研究を重ね、京の食を引き立てる上品な味わいに仕上げています。 お店ページへ ⟩